疲れた時に食べたくなる餃子

季節の変わり目は体調を崩しやすくなるので、この時期に風邪の予防も兼ねて体力がつくような食べ物を食べるという方も多いのではないでしょうか。昔から滋養強壮の食材としてにんにくやしょうがが有名です。
そのにんにくやしょうがを美味しく摂取できる餃子は体力をつけたい時にぴったりの食べ物です。

豚肉を食べて疲れを溜めない

餃子に使用する肉といえば、豚肉です。豚肉は他の肉よりもビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は疲労回復に必要な栄養素の一つです。にんにくのアリシンはビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、焼きギョーザに欠かせないお酢には疲労物質の代謝を助けるクエン酸が含まれているので、疲れた時には餃子が最適と言えます。

しょうがで体を温める

秋から冬の寒くなる時期は体が冷えて、疲れを感じやすい時期です。冷えは免疫の低下にも関係していると言われています。
寒くなり体が冷えることは、体調を崩してしまう原因になってしまいます。

しょうがは体を温める食材として昔から有名で、寒い日はしょうが湯を飲んで体を温めるのが習わしになっています。しょうが湯としょうが入りの餃子を食べて体を温めれば、寒さに負けない体になります。寒い日の夜は、家族で焼きギョーザを食べて体と心を温めてみてはいかがでしょうか。

疲れた胃腸にはにんにくを

胃腸が疲れると胃もたれや食欲不振になってしまいます。そんな時は、にんにくを食べましょう。にんにくに含まれるアリシンという成分が胃に刺激を与えて消化液の分泌を促し、食欲が湧いてきます。生のにんにくだと刺激が強すぎて逆に胃を痛めてしまうことがありますが、焼きギョーザならしっかり火が通っているので安心して食べられます。

冷凍餃子があれば、いつでも手軽に美味しい餃子が食べられます。弊社の通販では、主原料に北海道産の食材を使った冷凍餃子を販売しております。自宅用として購入するだけでなく、お友達へのギフトや、お世話になっている方へのお歳暮としても、冷凍餃子をご利用ください。

ページ上部に戻る

粗挽肉しゅうまい 手づくり餃子 北海道コーンのつまみ揚げ もちもち丸餃子