■家族が安心して食べられる食品だから、素材には強いこだわりがあります!

創業当時から今も変わらぬ先代からの経営信条「私たちが作っているものは食品、どなたが食べてもおいしい、そして安全なものをつくりなさい。私たちが作るものは家族にも大切な人にも安心して食べていただける食品でなければならない」を基として、私たち株式会社中華札幌は、お客様によろこんでいただくこと、主原料は、新鮮で良質なもの、安心安全な食の提供に尽力し歩み続けています。

■会社概要

店舗名 きたきた食堂
販売業者名 株式会社中華札幌
販売責任者名 高津 敦
所在地 〒003-0873
北海道札幌市白石区米里三条2丁目6-36
電話番号 011-875-1995
FAX番号 011-871-8717
メールアドレス ask@kita2.jp
ホームページURL http://www.kita2.jp

■沿革

1978年(昭和53年) 1月 株式会社 中華札幌(代表取締役を能登谷省吾とし、能登谷美惠子姉弟で資本金100万円)を設立し、営業を開始する。
1979年(昭和54年)10月 資本金を400万円に増資。
1980年(昭和55年) 8月 ホテル各社からの要請により、ホテル向け調理食品の製造・卸を目的に資本金を1,500万円に増資し、製造部門を設置する。
1980年(昭和55年)11月 調理冷凍食品の製造を開始する。
1981年(昭和56年) 6月 道内12の特約店を通じて、全道のホテル、デパート、スーパーへの商品提供を開始する。
1982年(昭和57年) 2月 道北地区の拠点として旭川営業所を開設。
1983年(昭和58年) 4月 道東地区の拠点として釧路支店を開設。
1992年(平成4年) 10月 資本金を2,500万円に増資。
1993年(平成5年) 10月 東北地区に販路を拡げる。
1995年(平成7年) 関東、関西、沖縄地区に販路を拡げる。
1996年(平成8年) 9月 札幌の米里工業団地に本社・工場を完成。釧路支店、旭川営業所を統合し、本社・工場と一本化する。
1997年(平成9年) 7月 能登谷省吾逝去のため、能登谷美惠子が代表取締役社長に就任。
2006年(平成18年) 4月 次代のニーズに応え得る食品製造工場の水準を目指し、衛生管理・製造工程の全面見直しを図った新工場プラン創造チームを社内で発足。
2007年(平成19年)3月 日本冷凍食品協会認定工場。
2008年(平成20年)10月 新工場完成。
2011年(平成23年)4月 代表取締役社長 能登谷美惠子は代表取締役会長に就任
専務取締役 高津敦が代表取締役社長に就任、現在に至る。
2013年(平成25年)9月 通販事業部立ち上げWEBSHOP『きたきた食堂』オープン

ページ上部に戻る

粗挽肉しゅうまい 手づくり餃子 北海道コーンのつまみ揚げ もちもち丸餃子